カスピ海ヨーグルトの作り方

カスピ海ヨーグルトを作る専用容器と、粉末の種菌を使ってカスピ海ヨーグルトを作ってみました。

牛乳500㎖か、1000㎖で作れますが、今回は500㎖で作りました。
材料

•カスピ海ヨーグルト粉末種菌1包(3g)

•牛乳500㎖([種類別]牛乳と表示されているもの)



作り方

①容器にカスピ海ヨーグルトの種菌を入れる。


②牛乳も入れてしっかり混ぜる。


③蓋をして、常温で一晩放置する。

室温や温度にもよりますが、8時間〜16時間が目安です。

(室温は20度〜30度が最適です)

※30度を超える夏場や20度以下となる冬場は、上手く出来ない事があるので注意︎


④容器を少し傾けてみて固まってたら完成です。先に種ヨーグルトを取ってから、冷蔵庫に入れましょう。

容器中央の一部を次のヨーグルトを作る[種ヨーグルト]として取っておきましょう。

種ヨーグルトは冷蔵保存で1週間を目安にお使いください。
次回、種ヨーグルトで作る時

•牛乳500㎖の場合、種ヨーグルト50g

•牛乳1000㎖の場合、種ヨーグルト100g

一言メモ

今回、放置して出来上がりまで16時間かかりました。何回も作ってますが12時間の時もあれば10時間や、7時間でできる時もあり室温によって出来上がる時間がバラバラなので7〜8時間くらいを目安に確認してみてください。
とろ〜りとしたプレーンヨーグルトです。もちろんそのままでも召し上がれますが、ジャムを混ぜたりフルーツソースを混ぜて食べると凄く美味しいのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください